スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし(産経新聞)

【週刊・中田宏】(23)

 日本創新党の代表幹事に就任した前横浜市長の中田宏氏(45)。「週刊・中田宏」では、引き続き中田氏の活動を紹介していく。「今週の政治を斬る」では、解決期限の迫った米軍普天間基地移設問題について聞いた。中田氏は創新党の方針として「現行案でいくべきだ」と主張した。

 1週間の活動の中から3つを選んで紹介する「3大宏動(こうどう)」では、山口県防府市長が、次期選挙で掲げる市議会定数半減のマニフェストを高く評価した話題などを取り上げた。


■今週の政治を斬る

【普天間は現行案でいくべき】

 「鳩山首相に、やっぱり落としどころはなかったか」

 中田氏が大きなため息をつきながら話すのは、米軍普天間基地の移設問題。民主党は名護市辺野古沿岸に移す現行案ではなく「県外移設」を掲げてきたが、「腹案」「徳之島」…。鳩山首相の迷言迷走が続いている。これに対し、日本創新党は「普天間は現行案でいくべき」と主張する。

 「これまで、米国との合意、連立(社民、国民新)との合意などで、どこを落としどころとするのか注視してきた」と中田氏。一国の首相のことだから、「どこかにあるんだろう」と思っていた。

 だが、与党内の合意はまとまらず代替案を出せない鳩山首相。「民意を問う」とした名護市長選では移設反対派が当選。八方ふさがりでどうにもならない状態に、「もしかしたらないのかも」と、率直にクエスチョンマークが浮かんだという中田氏。今ではそれも「やっぱりなかったんだ」とあきらめに変わった。

 普天間問題が解決しない中、日米同盟の危機的状況を感じさせたのは、米ワシントンで今月開かれた核安全保障サミットでの出来事。オバマ大統領との公式の日米首脳会談は行われず、晩餐会で10分ほど話すにとどまった。

 米紙ワシントン・ポストは14日付の記事で、約1時間半にわたって首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席を引き合いに、「核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相」「不運で愚かな日本の首相」などとまで報じた。

 日米同盟は日米安全保障条約改定の署名から今年でちょうど50年を迎えた。中田氏は、「真に対等な同盟関係に近づけるべく動き出す節目の年にするべきだった」としたうえで、対等どころか「極めて不安定な状態にしてしまった」と民主党政権に対する憤りを隠さない。日米で合意した現行案を「鳩山首相は(新たな移設先を探すという名の)店を開いて壊してしまった。もともと合意した現行案でいくべきだ」と訴える。

 日米同盟は日本と米国の同盟にとどまらず、「アジア、世界にとっての重要なバランスインフラ」と中田氏は考える。中国と台湾を例に、「台湾の陳水扁総統時代の緊張関係、馬英九総統の融和路線のどちらも、日米同盟というある種セーフティーネットがあるからこそ“関係”として成立する」と語る。

 トヨタ自動車のリコール問題で、米国でトヨタ・バッシングが加熱していることにも触れた。「日本政府は本当は『いい加減にしろ』というべきだった。ところが普天間問題を抱えているために強く出られない」と、自国産業を守ることもできない状態を嘆く。


【新党戦国時代に】

 自民党の舛添要一元厚労相ら参院議員6人は23日、新党結成を表明した。自民党に離党届けを提出した矢野哲朗前参院国体委員長と小池正勝氏、改革クラブの渡辺秀央代表、荒井広幸幹事長、山内俊夫氏がメンバー。党名は「新党改革」と発表された。

 今月に入ってからは「たちあがれ日本」(平沼赳夫代表」が立ち上がったほか、中田氏も設立メンバーとして「日本創新党」を結党。参院選を控えて新党戦国時代に突入した。

 中田氏は、「たちあがれ」や「新党改革」ができた底流には、「永田町において、自分の主張が通らなかったりする不平不満がある」と指摘。「創新党は理念を共有する人が集まっている」と違いを強調する。

 民主党政権の支持率が低下する一方で、上がらない自民党の支持率。国民が政権を託したいと思えるような、受け皿となるのはどこになるのか。

 中田氏は、「創新党は目指す国のかたちをしっかり示し、そこに連なる具体政策を示していく」と語る。創新党は21日から候補者の公募を始めた。「地方の疲弊、現実を実感している人に国政を語ってほしい」と地方議員を中心に候補者を求めたい考えだ。現在、地方自治体を行脚し、首長や地方議員との接触に力を入れている。

 これまでのところ、参院選において他の党と連携する方針は「考えていない」としている。


■今週の3大宏動(こうどう)

【日本創新党結成】

 4月18日(日) 日本創新党の結党記者会見を都内で開催した。党首には東京都杉並区の山田宏区長が就任し、中田氏は代表幹事に就任。政策委員長には斎藤弘前山形県知事が就任した。同党を応援する首長や首長経験者でつくる「応援首長連合」には、上田清司埼玉県知事ら25人が名を連ねた。


【地方行脚を強化】

 4月21日(水) 宮城県知事、栃木県知事を相次いで訪問し、創新党設立の理念などを説明した。宮城県の村井嘉浩知事からは「地方の声を届けてもらうことは重要。出来る範囲で応援する」とエールが送られたという。栃木県の福田富一知事は「互いに力を合わせられるところは合わせないといけない」と述べたという。


【防府市長の公約に賛同】

 4月22日(木) 香川、岡山、広島、山口の各県内を訪問した。山口県防府市では松浦正人市長と面会。松浦市長は次期市長選(5月30日投開票)で同市議会の議員定数半減を公約に掲げる方針を示し、中田氏はこれを「首長側の公約としては日本初の画期的なもの」と高く評価した。


《中田宏プロフィル》
 昭和39年9月20日生まれ。横浜市青葉区出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に入塾し、ごみ問題の研究に没頭した。平成5年の衆院選で初当選。14年、37歳の若さで自公民オール与党の支持を得た現職を破り横浜市長選に初当選。18年に再選。ごみの排出量40%削減、職員定数20%削減、入札制度の電子入札・一般競争入札制度化、違法売春街の浄化などタブーなき改革を断行した。21年6月、大阪府の橋下徹知事らと首長連合を組織。同8月に市長を辞任。同10月に新しい政治団体「よい国つくろう!『日本志民(しみん)会議』」を立ち上げた。22年4月18日、新党「日本創新党」を設立。代表幹事に就任した。

 創新党で注目度がアップした中田氏だが、市長を務めていた横浜市では、横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」について中田氏の責任を問う声が一部で出ている。23日には市民オンブズマンが開国博への支出は違法だとして横浜地裁に提訴した。

 この問題に対し中田氏は、「開国博は多くの市民が参加、協働し、トータルでみれば成功だった。一部は、うまくいかなかったところもあった。それはすべて私の責任」と語った。

【関連記事】
新党理念は「自立」、国家像なき現状日本を憂う
「小沢幹事長は5月辞任」と大胆予想
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)
民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」-普天間移設(時事通信)
<日米密約>守秘義務に違反せず 元外務省幹部証言
警察署内のトイレで男性自殺未遂 栃木(産経新聞)
スポンサーサイト

<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は21日、名古屋市であったミッドランド毎日フォーラム(毎日新聞社主催)で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で「候補地がない場合は沖縄の皆さん、生活向上のためにできる限りのことをするとおわびして受け入れてもらうこともありうる。内閣総辞職にはならない」と述べ、国外、県外移設が実現できなくてもやむをえないとの見方を示した。

 また渡部氏は「小沢(一郎幹事長)君は絶対に辞めない。普通なら鳩山(由紀夫首相)、小沢体制で(参院選に)臨むしかない」としたうえで、「ポスト鳩山」について「普天間問題の責任で首相が辞めたら、岡田克也氏は(担当の)外相なので難しい。常識的には副総理の菅直人氏だ」と述べた。

【関連ニュース】
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」
日医連:民主単独推薦を検討…参院比例、執行部内に反対も
普天間移設:「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
小沢幹事長:党内結束を訴える
普天間移設:民主県連が「徳之島」撤回要請へ

<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請(毎日新聞)
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)

アクセラ3万5000台リコール=マツダ(時事通信)

 マツダは15日、乗用車「アクセラ」のエンジンルーム内のラジエーターカバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2006年1月から09年3月に製造されたオートマチック車の3万5181台。
 ラジエーターカバーの形が不適切なため、オイルホースと接触して振動による摩擦が起き、最悪の場合、ホースに穴が開いてオイルが漏れ、走行できなくなる恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
レクサスSUV、自主改修へ=世界販売を一時停止
レクサス販売、一時停止=SUVに「横転の危険」報道
トヨタ車、依然6割が「安全」=リコール対応には不満
制裁金追加の可能性=当局がトヨタに通知

おじさん犬 警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)
学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理-男女参画会議(時事通信)
パナソニック、7V型液晶搭載を初採用した新ストラーダポケット5機種を発売

エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)

政府が緊急経済対策として導入した「エコカー補助金」が始まってまもなく1年、補助金を交付する次世代自動車振興センターが発表した4月5日現在の補助金交付決定金額は、2864億7800万円となった。交付決定件数は219万1561台。

関連写真

エコカー補助金は9月末まで延長されたが、当初09年度末で終了するとしていた1次補正予算での補助金総額は3700億円で、対象台数は280万台を想定していた。

交付決定金額の内訳は、登録車が2344億2300万円、軽自動車が434億6500万円、重量車が85億9100万円。交付決定件数の内訳は、登録車163万1872台、軽自動車53万9477台、重量車2万212台となった。

また、新車購入補助を利用した件数は148万8610台で、金額は1346億1300万円。廃車を伴う新車購入補助を利用したのは70万2951台で、金額は1518億6500万円。

《レスポンス 椿山和雄》

【関連記事】
自工会2010年度国内需要見通し…「下期はエコカー補助金切れ影響」
国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開
【池原照雄の単眼複眼】「エコカー補助金」延長で再建へ半年の猶予
ホンダ ストリーム に減税・補助金対象車を追加
ボルボ XC90 2010年モデル 補助金に適応

佳子さま、学習院女子高等科へご入学(産経新聞)
病腎移植3例目、術後は安定 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
「医療機器は成長産業」-民主議連作業チームが初会合(医療介護CBニュース)
<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)
悠仁さま、「少しお泣きに」=入園式の様子発表-宮内庁(時事通信)

「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=犬塚陽介】米航空宇宙局(NASA)は米東部時間5日午前6時21分(日本時間同日午後7時21分)、山崎直子さん(39)ら7人が搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」を打ち上げた。日本人女性の宇宙飛行は、向井千秋さん(57)に続いて2人目で、母親では日本人初。スペースシャトルは年内に退役の予定で、山崎さんはシャトルに搭乗する最後の日本人となる。

 ディスカバリーには5日未明、初飛行の山崎さんら女性3人(過去最多タイ)を含む計7人が乗り組んだ。予定時刻、轟音(ごうおん)とともにオレンジの炎と白い煙を吐き出し、ディスカバリーはフロリダの空へと消えていった。約8分後に外部燃料タンクを分離し、打ち上げは成功した。

 飛行3日目には国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし、長期滞在中の野口聡一さん(44)と山崎さんが、日本人飛行士としては初めて宇宙での対面を果たす。

 ISSには女性1人が長期滞在しており、初めて4人の女性飛行士が宇宙で顔をそろえる。

 山崎さんはロボットアームの操作を担当し、日本実験棟「きぼう」の機材や物資が入ったコンテナをISSに取り付ける。また、物資輸送の責任者「ロードマスター」として、荷物搬入や不用品の持ち帰りを指揮する。

 スペースシャトルはISS完成や老朽化などを理由に今年9月での退役が決定済みで、今後3回の飛行を残すのみとなっている。山崎さんを含め、シャトルには7人の日本人が計13回にわたって搭乗した。

 ディスカバリーの飛行期間は約13日間の予定で、順調に行けば18日朝(日本時間18日夜)に帰還する。

 NASAはディスカバリーのアンテナの一部に不調があることを明らかにしたが、飛行の安全に影響はないとしている。

【関連記事】
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感
山崎直子さん搭乗のシャトル打ち上げ成功
山崎さん「宇宙からのつぶやき待ってて」
野口さん、のびのび宇宙生活3カ月
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

牛肉輸入問題、再び平行線=協議継続は約束-日米農相会談(時事通信)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
<日米密約>「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
脳腫瘍克服 日大三エース 「野球がやれた」 選抜高校野球(産経新聞)
「真実語る契機見逃す」=再発防止へ全国に「本部係」-足利事件検証結果・最高検(時事通信)

森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)

 タレントの森下千里さん(28)が東京都渋谷区で乗用車を運転中、トラックと接触する事故を起こしていたことが31日、警視庁代々木署への取材で分かった。森下さんとトラックを運転していた40代の男性にけがはなかった。

 同署によると、森下さんは26日午後3時ごろ、同区笹塚の国道20号(甲州街道)で乗用車を運転中、ウィンカーを出して車線変更しようとしたところ、後ろから来たトラックと接触。両方の車のバンパーが一部損傷したという。

 同署は森下さんが確認を怠った可能性があるとみて調べている。

【関連記事】
カズの妻・三浦りさ子が追突事故 なぜ続く芸能人の交通事故
NEWS手越祐也さん タクシーに追突事故
元女優の畠田理恵さんが乗用車で事故
ロバート秋山さんとインパルス堤下さんが玉突き事故
MEGUMI、人身事故で「相手の方に心からお詫び」

大阪の1級建築士、アパート構造計算書を偽装(産経新聞)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
<金星探査機>「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で男出頭=50~60代、関与ほのめかす-石川県警(時事通信)
警察庁長官狙撃 時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」(毎日新聞)

<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)

 国松孝次・警察庁長官(当時)狙撃事件から15年。警視庁南千住署捜査本部は一貫して「オウム真理教による組織的事件」とみて延べ約48万2000人を動員し捜査を進めたが、狙撃者を特定するだけの物証や証言は得られなかった。捜査本部は30日午後、東京地検に「容疑者不詳」で書類を送付し、捜査を終結する。

【インタビュー動画】「被害者になって初めてわかった」国松元長官が心情を吐露

 事件は地下鉄サリン事件(95年3月20日)やオウム真理教富士山総本部への家宅捜索(同22日)の直後に起きた。捜査本部は(1)発生約1時間後、テレビ局に「教団への捜査を中止しなければ、国松長官ら警察幹部に危害を加える」との脅迫電話があった(2)事件翌日に教団が配布したビラに脅迫電話の時間が正確に記されていた(3)元教団幹部が在家信者だった元警視庁巡査長(44)=96年11月に懲戒免職=の関与をほのめかし、元巡査長のコートなどから火薬成分が検出された--などから、教団教祖だった松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)の指示による組織的テロとの疑いを強め捜査していた。

 捜査本部はコートから検出された火薬成分を物証とみて、04年7月に元巡査長や教団幹部ら計4人を殺人未遂容疑などで逮捕したが、狙撃者を特定できず不起訴処分になった。

 その後の捜査で、元巡査長のアタッシェケースから新たに火薬成分を検出した。捜査本部は元巡査長が96年に「自分が撃った」と供述した点も踏まえ、狙撃者とみて昨年10月に任意聴取を再開したが、元巡査長は事件当日に「現場近くに止めた車内で待機していた」と供述しつつも、狙撃については否定。東京地検も「現状の証拠や供述では公判維持は困難」と判断した。【村上尊一】

 ◇巡査長に翻弄された15年 

 オウム真理教在家信者だった元警視庁巡査長(44)の供述に翻弄(ほんろう)された15年間だった。「身内」の取り調べに投入されたエース捜査員たち。出勤途中に駅で倒れ死亡した捜査員、ともにチームを組んだ捜査員の遺影を手に聴取に臨んだ取調官……。それぞれの人生を懸けて解決を目指した事件だった。

 「あいつのことは今も思い出す。同僚たちから『お前はだまされたんだ』と言われたが、おれはそうは思っていない。時効になって落ち着いたら、もう一度会って確かめたい」

 05年に退職した公安部OBは「自分が撃った」と供述した元巡査長と共同生活をして真相を聞き出そうと苦心した日々を忘れない。

 「毎日一緒にいれば、相手がうそを言っているかどうかはわかる。元巡査長は警察官として我々に協力しようとしていた」。だが、上司や同僚からも聞き出した話の信ぴょう性を疑問視され、元巡査長と会うことは禁じられた。それでも元巡査長が真相を語ったと信じている。「『軟禁』と批判された極限状態の捜査の中、自分なりに悩みに悩んで出した結論だから」

 当時係長だった栢木(かやき)国広・公安1課長は発生直後に捜査本部に入り、今年2月まで自ら元巡査長を聴取し「ミスター長官事件」と呼ばれた。「元巡査長とは今でも電話で話ができる関係を築いたが、最後の最後まで納得できる話を聞き出せなかった。挫折だな」

 4月7日に定年退職で警視庁を去る。「15年もやってホシをあげられないなんて、責任が一番重いのはおれだよ」と語る。「歴代の取調官たちの苦悩をどこまで受け止めてこられただろうか」と、捜査に心血を注いだ仲間に思いをはせる。【村上尊一】

【関連ニュース】
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(25) 地下鉄サリン事件 高橋シズヱさんの活動
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(19)八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件
【未解決凶悪事件を追う】忘れない「未解決」を歩く
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)
未解決事件動画アーカイブ 忘れない 「未解決」を歩く

首都高 渋谷-新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
岡田外相、ゲーツ米国防長官の会談要旨(産経新聞)
横路衆院議長、左足骨折し入院(読売新聞)
<早大OB相場操縦>元投資会社社長に懲役2年2月求刑(毎日新聞)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
プロフィール

ミスターいさつづいわや

Author:ミスターいさつづいわや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。